トップ > 脱毛の知識 > 脱毛の種類による効果や料金について

脱毛の種類による効果や料金について

一言で脱毛と言ってもその方法には色々と種類があります。 最近の人気の脱毛法としては光脱毛とレーザー脱毛があります。 それらの方法と比べると実施しているサロンの数は少ないですが、ワックス脱毛や電気脱毛があります。 光脱毛やレーザー脱毛なら大阪でも行っているサロンやクリニックが沢山あります。 電気脱毛やワックスに関しては少ないですが探せば見つかります。

以前は脱毛するとなるとかなり高額な費用が発生していました。100万円以上かかることもあったので、脱毛はお金持ちや芸能人などがするものというイメージもありました。ところが近頃ではかなりお手頃な価格帯になっていて、全身脱毛でも10~20万円で出来るようになっています。それというのも安価な光脱毛が主流になってきたからです。

以前は電気脱毛が主流だったのですが、この方法はムダ毛を1本ずつ抜いていくため非常に時間がかかります。時間がかかるということは、それだけ料金が高くなります。それに比べると光脱毛は短時間で広い範囲を処理できるので、料金を安くできるのです。近年になって脱毛が安くなったというのはこのような理由からです。それでは各脱毛方法について詳しく説明していきます。

光脱毛

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、ムダ毛に光を照射して処理する方法です。一瞬ピッと光を当てるだけの簡単な方法です。そして一度に光を当てることができる面積も広いので、短時間でお手入れが可能です。処理にかかる時間はサロン毎に違いますが、早いところなら全身脱毛でも60分ほどで施術がが可能です。このように短時間で処理できるので料金も安く提供できます。

光脱毛は他の脱毛法に比べて痛くないと言われています。どの程度の痛みかというと輪ゴムでパチンと弾く程度です。肌へのダメージも少ないので、肌トラブルのリスクも低く綺麗な肌に仕上がると言われています。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は光脱毛と同じような処理をしますが、照射する光のエネルギーが強くなっています。 光が強い分だけ効果が高いのですが、肌トラブルのリスクも高くなるためエステでは扱うことができず、美容クリニックなどの医療機関でしか受けられません。そのため医療レーザー脱毛とも呼ばれます。

光脱毛と比べると一度に施術できる面積は少なくなっているので、処理時間は少し長くなり料金も高くなります。 強い光を使用するので、光脱毛よりもかなり痛みがあります。 敏感な部分などは痛みを我慢できない人もいるので、麻酔(笑気麻酔)を用いて脱毛するクリニックもあります。 レーザー脱毛を受けたいけど痛いのは嫌という人は、麻酔を使用するクリニックを選ぶと良いでしょう。

電気脱毛

以前は主流の電気脱毛ですが、現在ではあまり行われていません。有名なところではエステティックTBCで受けることができます。 毛根に電流を流して処理する方法で、美容電気脱毛とも呼ばれます。 毛穴にプローブ(ニードル)を当てて電流を流し、一本ずつ丁寧に処理していきます。 一本ずつ処理するため非常に時間がかかり、料金も高額になります。

施術した毛根に関してはその日のうちに毛がなくなってしまいます。また、効果も高く一度施術した毛根から再生されることはほとんどありません。 電流を流すときにレーザー脱毛と同程度の強い痛みがあります。 エステティックTBCでは光脱毛と美容電気脱毛を組み合わせて行っています。 安価で痛みの少ない光脱毛ではVIOなどの敏感な部分をお手入れし、効果が高いけど料金も高い電気脱毛ではワキなどのしっかり脱毛したい部分をお手入れするのがおすすめです。

ワックス脱毛

ワックスに関しては上記の3つの方法とは少しことなり、一時的な効果しかありません。 ワックスを塗ってその上から布を貼り付け、その布にくっついたムダ毛を引き抜くという方法になります。 ただ引っ張って抜いているだけで、毛根はそのままのこっているため再び毛が生えてきます。 引き抜くので当然痛みもあります。当サイトではあまりおすすめしていません。

一言で脱毛と言ってもその方法には色々と種類があります。 最近の人気の脱毛法としては光脱毛とレーザー脱毛があります。 それらの方法と比べると実施しているサロンの